【基礎編】Wordの基本的な使い方講座[表の挿入・見やすいアレンジ]

Word
スポンサーリンク

Wordを使いこなす上で欠かせないのが『表の挿入』です。

何かを比較して掲載したい時に多く使います。

ここではWordの文書内に表を挿入する方法や見やすい表の作り方を解説します。

表の挿入方法を勉強して見やすいWordを作りましょう。

スポンサーリンク

表を挿入するメリット

Wordで表を挿入することで得られるメリットは以下の通りです。

  • 『比較』が分かりやすく表現できる
  • 画像を並列できる

順番に解説していきます。

『比較』が分かりやすく表現できる

表は同じ指標でAとBを比較する時にとても役に立ちます。

例えば、以下のようなWordに関する出版物について特徴を比較してみます。

本のタイトルWord最速時短術Word思い通り全部入り。
表紙
評価4.54.0
概要知って得するWordの実用的な
裏技が詰まった一冊であなたの
Word時短スキルアップに繋がります。
何となくWordを使っていませんか?
Wordのノウハウを知っていると
スムーズな作業が行えます。
価格1,628円(税込み)1,848円(税込み)
著者鈴木眞里子石田かのこ
出版社日経BPインプレックス
出版日2020/2/212020/3/6

一番左の列が『比較する項目』を示し2列目、3列目がそれぞれの本の詳細を示していますね。

横並びに比較してみると特徴が分かりやすくなりますので、Wordでもこうした『比較』したい時に表を挿入します。

画像を並列できる

Wordで『画像の挿入』をすることで情報を正しく伝えられることを解説しました。

ここでは表を使って画像のレイアウトを決められることについてお話します。

後ほど説明しますが表は”罫線”で区切られており任意の行列を作ることができます。

その性質を使えば画像データを横並びに掲載することも可能です。

表を作成して罫線を消すと画像が横並びに!

表の構成

表は『』と『』で構成されています。

この画像だと『3(行)×4(列)』の表になります。

行と列を区切る線は罫線と呼ばれており、罫線はスタイルや色を変えることができます。

表の挿入方法

表の挿入方法はとても簡単です。

挿入任意の行列を選択で表が挿入されます。

表のカスタマイズ

デフォルトの表でも見やすいですがカスタマイズすることでもっと見やすい表を作ることができます。

表のカスタマイズは表を選択した状態の時にツールバー上に表示される『表ツール』から行えます。

表ツールには以下の機能が備わっています。

  • 表ツール
    1. テーブルデザイン
    2. レイアウト

順番に解説します。

テーブルデザインについて

テーブルデザインはテーブルの色やスタイルを編集することができます。

実はデフォルトで表のスタイルを作ってくれる機能があるためすぐに見た目のいい表を作れてしまいます。

種類も豊富ですのでこの中から好きなものを選択して表に反映させましょう。

表ツールテーブルデザイン表のスタイル好きなものを選択

実際に表のスタイルを適用したものを掲載します。

見やすくなったでしょうか?

レイアウト

レイアウトには行や列を増やしたり減らしたり、結合する機能から、サイズ変更や配置を変更するといった機能があります。

無駄な表を削除したり文字と罫線の間隔を調整したりと見た目を良くする目的で使用します。

先ほどのテーブルデザインの機能と併用すると見やすい表になります。

例えば、下の画像のように文字と罫線の隙間を調整したり、文字を中央揃えできたりします。

使用した機能
表ツールレイアウトセルのサイズ:高さ配置:中央揃え

表のアレンジサンプル

最後にこれまで説明した方法を使用して作れる表のアレンジ例をご紹介しておきます。

参考になるものがあれば真似してみましょう。

▼シンプルスタイル
 白・黒・灰を基調としたシンプルなデザインです。
 

 

▼カラーテーブル
 テーブルに色を付けて見やすくしています。
 

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました