サイトマップはブログの命!Google XML Sitemapsの設定方法

ブログ収益化
スポンサーリンク

サイトマップをご存じですか?ブログ(またはサイト)の構造(形)をリスト形式でまとめたものを指します。

  • ユーザーが見た時にどのような記事があるのかがリスト上で見やすい!
  • クローラー(自動収集ボット)が情報収集に来た時にリスト化されていると効率よく情報収集してもらえる!

このように、情報をまとめて見やすくする役割を持っているものです。特にクローラーはこのブログの情報を収集した後、検索エンジン(ここではGoogle)のデータベースに登録する重要な役割を担います。Googleのデータベースに登録されていないと検索されませんから、情報発信をしたい方はクローラーのためにサイトマップを作ることは必須ともいえるでしょう。

ここではこのブログで実際に設定している内容をご紹介します。

この記事を見ると分かること
  • Google XML Sitemapsの設定方法
  • クローラーに巡回する頻度を伝える方法
スポンサーリンク

Google XML Sitemapsのインストールと有効化


他のプラグインとな同じく、左サイドバーの「プラグイン」-「新規追加」からプラグインの検索を行います。検索キーは「Google XML Sitemaps」とし、インストール後に有効化しましょう。

こちらの記事には、画像付きで検索方法が載っていますので参考にしてください。
※「Akismet Spam Protection」のインストール手順となります。

Google XML Sitemapsの設定手順


「Google XML Sitemaps」 の設定手順と、当ブログで設定している内容を公開します!

設定内容はご自身のブログに合わせてしっかり考えて設定しましょう!

  • 「Google XML Sitemaps」をインストールして有効化すると、設定のタブに「XML-Sitemap」が追加されているのでクリック。
  • 初期画面はこのような感じ。
  • 下にスクロールしていくと各種設定欄があるので、それぞれ最適値に設定していきます。
  • 「基本的な設定」は、初期設定のまま(だったはずですが、右の画像のような設定としています。)
  • 「投稿の優先順位」は、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを入れる。コメント数から優先順位を決めると特定の記事が優先されてしまうためです。
  • 「Sitemapコンテンツ」は、上から4つをチェック。
  • 「Excluded items」は、サイトマップに含めないカテゴリーを選択できます。私は全部見てほしいのでチェックを入れていません。

  • 「Cahnge Frequencies」は、右の画像のように設定しました。これは、クローラーに対して「これくらいの頻度で見てね」という目安です。必ずこの通りになるとは限りません。
  • 投稿は、「毎日」に設定していますが、投稿頻度に応じて「毎週」「毎月」などでもOKです。
  • 「優先順位の設定」は、右の画像のようにしています。更新されやすい「ホームページ」「投稿」は”1.0”としました。その他更新の少ないものは”0.0”にして優先順位を下げています。

これらの設定が完了したら「設定を更新≫」ボタンを押して設定を保存してください。

この設定がクローラーにとってどこまで役立つか?そもそも影響を与えてくれるのかは謎ですが、優先して収集してほしい記事のタイプによって優先順位を決めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました