|NFT講座|NFTを飾る!Oncyber(オンサイバー)の使い方

NFT
スポンサーリンク

前の記事はこちらです。
▶▶|NFT講座|NFTアートが売れない?売れやすくする方法をご紹介

美術館や個展のようにメタバースに”保有しているNFTアートを飾る”ことができるのをご存知ですか?

ここでご紹介するのは『Oncyber(オンサイバー)』というメタバース空間を提供しているサービスです。

Oncyberでは『NFT作品を飾る』『他の人の作品とコラボする』『自分でメタバース空間を作る』など様々な機能があります。

”作る人も見る人も楽しめる”・・・そんなoncyberの魅力について、始め方から順に解説していきます。

Oncyberは自分のギャラリーや販売展示会のような使い方ができます!
私の作品はこちらからご覧いただけます!

仮想通貨をゲットしてNFTを始めよう!
コインチェック

\Oncyberを楽しもう!/

スポンサーリンク

『Oncyber』はNFTの展示場

『Oncyber』とはメタバース(仮想空間)上にNFT作品を展示できるギャラリーのことです。

OpenSeaなどのNFTマーケットプレイスでNFT作品を購入したり、自分で制作したNFT作品を飾ることができます。

まずはどのようなものかを体験してみましょう!下のリンクからOncyberの一室に入ることができます。

Oncyber『Stone Skull』
URL:https://oncyber.io/stoneskull
スマホから見られない場合はこちら↓
https://oncyber.io/spaces/mexATIWgN4cr05soNVbv

【操作方法】移動:
画面をクリックしてマウスコントロール すると視点が変わる

Oncyberの中はいかがでしたでしょうか?

PCゲームをされる方は近い感覚を覚えたのではないでしょうか。

自分だけのメタバース空間に作品を飾ることの楽しさが『Oncyber』にはあります!

『NFT』の入手方法

ここでお話しするOncyberに飾れるのはNFT化された作品のみです。

そのためまずはNFTを手に入れておく必要がありますので、まだNFT持ってないよ~って人は国内・海外の何れかのNFTマーケットプレイスで入手しておきましょう。

個人的には市場規模が大きく取引量も豊富なOpenSeaをお勧めします。

少し長いですが手順を一通り説明していますので頑張ってみてください!

NFTとか仮想通貨とかは始める時が一番難しいですが、この障壁をクリアすると後は比較的簡単に手続きができるようになります!

『Oncyber』の始め方

NFTをゲットしたぜ!って方は早速『Oncyber』を始めてみましょう。

仮想通貨を始める時のような細かい設定は少ないためここまで到達された方は簡単に設定ができると思います。

サクサクと熟していきましょう~!

  1. まずは『Oncyber』にアクセスしましょう。
    公式サイトは(https://oncyber.io/)です。
    残念ながら詐欺サイトなども存在するので正しいリンクからアクセスしましょう。
  1. 次に画面右上の『CONNECT WALLET』をクリックして仮想通貨ウォレットとの連携を進めていきます。
  1. 『Connect your wallet』の画面が表示されますので持っている仮想通貨ウォレットを選択しましょう。
    ※今回のケースではMetamaskを使います。
  1. 仮想通貨ウォレットのログインのためにパスワードを要求されますので入力してログインしましょう。
  2. 次に『署名の要求』が表示されると思いますので署名をクリックして連携しましょう。

これで仮想通貨ウォレットとの連携は完了です。

仮想通貨ウォレットの魅力は安全性が抜群に高いのに簡単に連携できる点ですね!

『Oncyber』の使い方

ここからは『Oncyber』の使い方を以下の2つに分けてご紹介します。

  • 初期設定方法
  • 基本的な使い方(移動、NFTの飾り方)

文字に起こすと長いですが、やってみるととても簡単です。

それぞれ順番に解説していきますね。

初期設定方法

『Oncyber』にはメタバース空間を無料で作れるものと有料で作れるものがあります。

無料のものでもオシャレなものがありますのでまずは無料から始めてみる方がいいと思います。

『Oncyber』のギャラリーを設定する

では早速『Oncyber』内の設定を行っていきましょう。

  1. Choose a baseと表示されますのでこの画面からギャラリーを選択していきましょう。
    ※この画面にならなかったら左上の三本線のマーク(Ξ)から『Creat』を選択するとこの画面が開きます。

     
  2. 『Free』には5種(2022/7/16現在)のベースとなる空間があります。
    最初はこのFreeの中にあるギャラリーから部屋を選択してみましょう。
    ※Free以外は基本有料になります。
     
  3. 試しに赤枠で囲っている「Cyber Loft」を選択し、右上のCREAT SPACE↗をクリックしましょう。

    ※選択すると緑色の枠が出ます。
    ※ベースは後で追加・削除が可能です。
     
  4. 以下のようにメタバース空間が表示されれば成功です。
    この時点でNFTを飾ることはできますが、折角ですのでこの空間の名前とURLを決めていきましょう。

     
  5. 画面下にあるディティールのEditをクリックして入力画面を開いて必要事項を入力してSaveしましょう。
    Tittle:名前
    Your link:好きな英数字を入力できます。
    ※宣伝時に分かりやすい名前がベスト(初期の記号だとURLを警戒される恐れもありますので…)
    Description:説明文があれば入力します。
    Preview:2D、3Dviewが表示されます。
    ※Regenerateをクリックすると展示したNFTがPreviewに反映されます。

これで初期設定が完了しました!この空間はあなたのものです!

ギャラリー内の操作方法

ここからはギャラリー内の『移動方法』と『視点の操作方法』を解説します。

スマホなどのタッチパネルがある機器と、キーボード、マウスの操作方法をそれぞれ説明していますので参考にしてください。

スマートフォン・タブレットの場合

  • 位置の移動
    タップした位置に進めます。
    方向を変えたいときは視点を変える必要があります。
    上下にはピンチイン、ピンチアウトで移動できます。
  • 視点の操作
    スワイプで好きな方向に向くことができます。

パソコンの場合

  • 位置の移動
    クリックした位置に進めます。
    W A S D キー、または キーでも移動できます。
  • 視点の操作
    ドラッグで好きな方向に向くことができます。

NFTの飾り方

それではNFTをギャラリーに飾っていきましょう!

NFTを飾る部分について

NFTはギャラリー内の黒いとこ(Add Asset)から貼り付けることができます。

このアセット部の数がNFTを飾れる限界の数になります。

NFTを飾る手順

黒いとこ(Add Aseet)の目の前に移動して以下の手順でNFTを飾っていきましょう。
※必ずしも目の前に行く必要はないですがアセット部をクリックできる位置に移動しましょう。

  1. 黒いとこ(Add Asset)をクリックし『Add NFT』の画面を出します。
    この時、NFTの一覧が表示されなかった場合は、ブロックチェーンが異なっている可能性がありますので変更しましょう。
    ※NFTはPorygonチェーンにあるけど、デフォルトはETHチェーンのためNFTが表示されないということがあります。

     
  2. NFT作品が表示されたら飾りたいものをクリックしましょう。

     
  3. NFT作品が飾られました!

NFTの各種調整

飾ったNFT作品はパラメータを調整することで様々な飾り方を実現できます。2D・3Dで設定できるパラメータが違いますので、それぞれ解説していきますね。

2DNFTのパラメータ調整
2DNFT作品の調整できるパラメータは以下の4つです。

  • サイズ:作品のサイズ変更が可能
  • 位置、回転:位置、回転角度の調整が可能
  • 額縁:額縁とその色の設定が可能
  • 説明文:作品説明が掲載できる

3DNFT作品のパラメータ調整
3DNFT作品の調整できるパラメータは4つですが、2DNFTとは調整できる項目が少し異なります。

今回は以下の3DNFTを設置するときの設定について解説します。

実は3DNFTの中にも「アニメーションがあるもの、ないもの」の2種類が存在します。

アニメーションがあるものについては、アニメーションのON/OFF設定ができます。

  • サイズ:作品のサイズ変更が可能
  • 位置、回転:位置、回転角度の調整が可能
  • アニメーションの切替:ON/OFF設定ができる
  • 反射:光の加減を4種から選べます

アニメーション切替の例

アニメーションは以下のような切り替えが行えます。

  • 単なるON/OFF
  • オブジェクトの切替え

後者はNFT側に設定されていないと行えません。

以上がNFTを飾る方法になります。

素敵な作品をたくさん飾って素敵な空間を作り上げてください!

Oncyberをもっと楽しみたい!皆で楽しみたい!って人は次の記事も参考にしてみてください!

メタバースはVRでより楽しくなる

Oncyberのようなメタバース空間をより楽しむにはVR体験すると面白いです。

特に3DNFTは作品によって作品の質感に大きな特徴があるため、VRのように没入感が得られる技術との相性がよくより作品を楽しむことができます。

スマホに接続して使えるものから、本格的なVR体験システムなど幅広く販売されていますがおすすめは『HOMiDO V2』です。

高画質と没入感を手軽に得られるVRゴーグルですがお手頃値段ですのでVR体験したい方にもってこいです!

NFTをさらに楽しみたい方はVRゴーグルでOncyberの空間を体験してみてください。

まとめ:手軽にメタバースが体験できる

これまでOncyberを始める方法とNFTの飾り方について解説してきました。

これでメタバース空間に個展を作ることができますので、作品を好きなように飾り素敵な空間を作り上げましょう!

実はOncyberは自分で楽しむだけでなく、他の人を自分のOncyberに招いてみてもらうこともできます。

自分のメタバース空間ができたら是非、SNSなどでURLを拡散して多くの人に見てもらってください!

楽しいNFTライフを満喫しましょう!

仮想通貨をゲットしてNFTを始めよう!
コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました