意外と知らないExcel活用術!SUM以外の簡単数式!※数式の入力方法解説付き

Excel
スポンサーリンク

Excelで最初に使う計算は足し算ではないでしょうか?

「=C1+C2 」のように身近な計算方法で足し算を行なったり、「=SUM(C1:C:2)」のように数式を使用している人も中にはおられると思います。

ここで意外と知られていないのが、引き算や掛け算、割り算の書き方です。特に数式では「=SUM()」以外の数式はなかなか目にすることが無いと思います。使い慣れればセルの数が多くても効率よく簡単に計算できるようになります。

この記事ではそんな陽の当たらない(失礼か)単純計算の数式についてご紹介しようと思います。

スポンサーリンク

Excelにおける数式の書き方

Excelで数式を使う方法について説明します。

1.セル、または数式バーに計算式を書き込む

計算結果を表示したいセルを選択した後に、

  1. セルに直接数式を書き込む
  2. 数式バーに書き込む

いずれかの方法で計算することができます。

Excelでは最初に「=」を入力し、その後に計算式を入力します。
例)=1+1+4

(入力例)
7+3の計算結果を求める
セルをクリックして選択→=7+3と入力する→計算結果「10」が表示される

2.セルに入力された数値を計算する

Excelを使うメリットはすでに入力された数値から計算できることです。計算する方法は主に2つあります。

①セルに入力された数値を使って計算する
(入力例)

  1. セルB2=「7」、セルC2=「3」
  2. セルD2に=B2+C2と入力する

②セルに入力された数値から数式で計算する
(入力例)

  1. セルB2=「7」、セルC2=「3」
  2. セルD2に=SUM(B2:C2)と入力する

手入力だと大変ですので=SUM(と入力し、セルB2,C2をドラッグで囲む、Enterキーを押すことでも計算できます。

離れたセルを選択するにはCtrl+クリックで選択します。

3.あらかじめ決められた数式を選択する

数式関数ライブラリの中に様々な数式があります。計算結果を表示したいセルを選択した後に好きな数式を選択します。その後、計算したい範囲をドラッグして囲むことで計算することができます。

(入力例)
セルの数値の合計値を求める

  1. 計算したいセルを選択
  2. 数式関数ライブラリオートSUM合計(S)をクリックする→計算したい範囲をドラッグして囲む

覚えていると便利な数式

仕事でよく使う数式を表にまとめています。
※()内にはセルの番号(A1など)が入ります。

やりたいこと数式その他の書き方
足し算=SUM()=A1+A2
引き算=A1-A2
掛け算=PRODUCT()=A1*A2
割り算=OUOTIENT()=A1/A2
平均値=AVERAGE()=(A1+A2)/2
中央値=MEDIAN()
最大値=MAX()
最小値=MIN()
数字の個数を数える=COUNT()
文字の個数を数える=COUNTIF()

まとめ

Excelを使う上で少なからず数式を使う機会が出てくると思います。数式を知っているのと知っていないのとでは業務効率に差が出てきます。特に毎回同じ項目の計算シートを使うのであれば、数字を入力するだけで自動計算できるシートを作っておくといいでしょう。

数式は難しいイメージがあるかも知れませんが、使い慣れてくると数式なしではExcelが不便に感じるようになります。簡単な数式から徐々に慣れていただき、自分のものにしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました