|NFT講座|コインチェックの評判と口座開設方法

NFT
スポンサーリンク

NFTを始めるためには取引通貨である『仮想通貨』を手に入れる必要があります。

仮想通貨を手に入れる方法は様々ですが無料で口座開設できる『仮想通貨取引所』で購入するのが一般的となっています。

取引所の中でも大きな事件を乗り越えてセキュリティ・サービス面で業界をけん引する『コインチェック』がオススメです。

今回は仮想通貨取引所『コインチェック』の口座開設方法を解説していきます。

※口座開設は無料です。
※本人確認に数日時間が掛かるため早めに口座開設しましょう。

コインチェック事件って知っています?致命傷を乗り越えて鍛え上げられた取引所です。

スポンサーリンク

コインチェック(Coincheck)の役割

仮想通貨、NFT、仮想通貨取引所、仮想通貨ウォレット…

慣れない人にとってはチンプンカンプンな用語が並んでいますよね。

マジで『何言ってんの?ハァ?』てな感じです。

そんなあなたのために仮想通貨、NFT、仮想通貨取引所の関係性について簡単な図をプレゼントします。

NFTを売買するためには取引通貨である『仮想通貨』が必要です。

ビットコインや柴犬コインが高騰!暴落!なんてニュースを見たことあると思いますが、NFTでは正にその仮想通貨が取引通貨になっています。

この仮想通貨を入手できる場所を『仮想通貨取引所』と呼んでおり、数ある取引所の中でも『コインチェック(Coincheck)』をおすすめしています。

コインチェックは仮想通貨を買ったり売ったりできる場所です!

\NFTを始めるならまずは口座開設(無料)/

コインチェックをオススメする理由

コインチェック(Coincheck)』は日本国内の仮想通貨取引所であり『初心者にも簡単』で『仮想通貨の取引が行いやすい』とても人気の取引所となっています。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 日本円で直接仮想通貨が買える
  • 主要な仮想通貨の銘柄を多く取り扱っている
  • スマホアプリでチャートのチェックが簡単
  • 大半の仮想通貨をコールドウォレット(オフライン)で管理

順番に説明します。

日本円で直接仮想通貨が買える

世界的に取引件数が多い仮想通貨ですがその代表格としてビットコインという仮想通貨があります。

仮想通貨取引所によっては、『日本円→ビットコイン→他の仮想通貨』のように間に一度、ビットコインを介して取引しなければならないという所もあります。

コインチェックでは銀行送金(インターネットバンキングも可)やコンビニ振り込みなどで日本円を入金し、そのまま仮想通貨を購入することができます。

初心者でも簡単に仮想通貨を購入できるのは大きなメリットだと思います。

主要な仮想通貨の銘柄を多く取り扱っている

仮想通貨取引所を使う上で気になるのは『どの仮想通貨を取り扱っているか』です。

コインチェックは確認した時点(2021/12/23 12:32現在)で17種類もの仮想通貨を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ファクトム(FCT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • インターネットオブサービストークン(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

本サイトでオススメしているNFTを使った副業では『イーサリアム(ETH)』が取引通貨として使われていますので、コインチェックの口座開設を行っておけば安心です。

スマホアプリでチャートのチェックが簡単

株でも仮想通貨でも最も大事な情報なのがチャートです。

通貨の値上がり、値下がりをリアルタイムで確認することができます。

特にスマホアプリの画面が分かりやすくて初心者に好評です。

大半の仮想通貨をコールドウォレット(オフライン)で管理

『仮想通貨が盗まれた!』なんてニュースを時々目にすると思います。

仮想通貨を保管するウォレット(財布)がオンラインでアクセスできる環境にあると、悪いハッカーがウォレットをこじ開けて仮想通貨を持ち逃げする訳です。

そうした被害に遭わないためにはウォレットをオンラインにしない方法が最も効果的です。

コールドウォレットはオフラインで管理する方法のため、ハッカーの侵入経路を元から絶つことができますので盗まれる心配はありません。

コインチェックでは大半の通貨をコールドウォレットで管理しておりとても安全性が高いです。

その他にも、TREZOERのようなハードウォレット(USBのようなもの)に保管してネット環境から遮断して安全を守る方法もあります。 仮想通貨のオンライン上での保管にリスクを感じる方は検討してみてもいい思います。

多額の仮想通貨が流出した『コインチェック事件』の反省を確実な形で実現して、今や日本一の仮想通貨取引所になりました。

コインチェックの口座開設方法

それでは実際にコインチェックの口座開設方法を解説していきます。

口座開設は無料で維持費なども掛かりません。

直ぐに始めたくても本人確認に数日かかるため、仮想通貨やNFTを始めようとしている方は早めに口座開設しておきましょう。

コインチェックは以下のステップでカンタンに始めることができます。

  • STEP1
    アカウント登録
  • STEP2
    本人確認書類の提出

\NFTを始めるならまずは口座開設(無料)/

Step1 アカウント登録しよう

  1. コインチェックにアクセスして会員登録をクリックしましょう。
  1. 登録する『メールアドレス』、『パスワード』を入力しましょう。
  2. 私はロボットではありませんにチェックを入れましょう。
  3. 会員登録ボタンをクリックしましょう。
  1. 入力したメールアドレス宛てに確認のメッセージが届きます。
  1. 送られてきたメールにあるURLをクリックしてメールアドレスの確認を行います。
  1. 正常にログインできたら会員登録は完了です。

Step2 本人確認書類の提出を行う

コインチェックの会員登録が済んだら次に以下の3つを設定していきます。

  • 各種重要事項の承諾
  • 本人確認書類の提出
  • 2段階認証の設定

尚、本人確認書類の提出をしないと使える機能は『サービスの閲覧のみ』となります。

本人確認はアプリで行うことになりますので予めインストールしておいてもOKです。

では順番に解説していますのでそれぞれ設定してみましょう。

▼各種重要事項の承諾手順

  1. ホーム画面に『サービス利用における、各種重要事項の承諾について』と表示が出ていますので各種重要事項を確認するをクリックしましょう。
  1. 全12項目の同意書や確認書などを読み左側にあるチェックボックスをチェックしましょう。
  2. 全て確認ができたら各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用するをクリックしましょう。
  1. 各種重要事項に承諾済み』となれば完了です。
    次に本人確認書類の提出を行いましょう。

▼本人確認書類の提出手順

次に本人確認の手順について解説します。

  1. ホーム画面に『本人確認書類のご提出をお願いします』と表示されていますので本人確認書類を提出するをクリックしましょう。

  1. 電話番号認証の画面が表示されますので登録したい電話番号を入力してSMSを送信するボタンをクリックしましょう。
  1. SMSに送られた認証コードを入力して認証するをクリックしましょう。
  1. 電話番号認証が完了したら次は本人確認書類を提出するをクリックしましょう。
  1. 本人確認書類の提出はアプリで行いますのでアプリのQRコードを表示をクリックしましょう。
  1. 表示されたQRコードをスマホで読み取り、アプリをダウンロードしましょう。
  1. QRコードを読み取ると以下のような画面が表示されますので、チェックボックスにチェックをいれたままOPENをタップしましょう。
  1. コインチェックのアプリダウンロード画面に移りますのでダウンロードしましょう。
    ※画像はApp Storeの画面です。
  1. コインチェックのアプリを開いて画面下にあるログインをタップしましょう。その後、メールアドレスとパスワードを入力してメールアドレスでログインをタップしましょう。
  1. 認証コードがSMSで送られてきますのでコードを入力して認証をタップしましょう。
  1. 本人確認の3ステップが表示されますのでSTEP2の基本情報入力をタップしましょう。
  1. 基本情報入力フォームに従って必要事項を入力し確認をタップしましょう。
  1. 本人確認の方法を選択しましょう。
  1. 本人確認書類はセルフで撮影する必要があります。
    ※背景が単色の方が上手く撮影できます。
    • STEP1:種類の表面・裏面の撮影
    • STEP2:顔と書類表面の撮影
    • STEP3:顔と種類の厚みの撮影

本人確認書類の書類の撮影が上手くいかない時はこちらが参考になります。

  1. 本人確認書類の撮影が完了したら数日で承認されますので待ちましょう。

本人確認が完了したら仮想通貨の取引ができるようになります。

PCもしくはスマホアプリでコインチェックを開いて実際に購入していきましょう!

コインチェックで仮想通貨を購入する方法

コインチェックの口座開設が完了したら実際に仮想通貨を購入しましょう。

ここからの手続きはお金が掛かりますので、自分んでしっかりと考えて必要な分の仮想通貨を購入しましょう。

コインチェックで仮想通貨を買う方法は『取引所で買う方法』と『販売所で買う方法』の2種類がありますが、NFTの売買で取引通貨となっているイーサリアム(ETH)は販売所でしか買えない点に注意しましょう。

  • 販売所:コインチェックを相手に仮想通貨を売買します。
  • 取引所:ユーザー同士で仮想通貨を売買します。

それではコインチェックの販売所でイーサリアム(ETH)を購入する手順を解説します。

解説にはアプリ画面を使います。

まずは日本円をコインチェックに入金する手順から解説します。

  1. アプリを開きウォレットをタップしましょう。
  2. 日本円残高が表示されますので入金をタップしましょう。
  1. 銀行入金に振込先の口座が表示されますのでいずれかの口座に振り込みを行うことでコインチェックの口座に日本円が反映されます。
    ※振込手数料はあなたの負担になります。

ワンポイントアドバイス
ランクに応じて振込手数料が無料になる楽天銀行がオススメです!

次に日本円でイーサリアム(ETH)を購入していきます。

  1. 販売所をタップします。
  2. 仮想通貨の一覧が表示されますのでイーサリアム(ETH)を選択しましょう。
    間違いなくイーサリアム(ETH)を選択しましょう。似た通貨にイーサリアムクラシック(ETC)というものがありますが、こちらではありません。
  1. 購入をタップしましょう。
  1. 金額の欄に買いたい分の日本円を入力して日本円でイーサリアムを購入をタップしましょう。
  1. 〇〇ETHを購入しますか?と出てきますので購入をタップするとイーサリアム(ETH)の購入が完了します。

これでイーサリアム(ETH)をゲットできました!

まとめ:コインチェックは登録だけでもOK

コインチェックの口座開設方法について手順を解説しました。

口座開設の方法は初心者にも分かりやすかったのではないでしょうか?

本人確認書類の撮影が上手くいかないことがありますが、明るい単色の背景で撮影すると成功率が上がるようです。

これで仮想通貨の準備ができました。

今回はNFTで副業を目的とした口座開設でしたが、今のみならず様々な場面で仮想通貨が活躍すると思います。

今の段階から口座開設をして慣れておきましょう♪

\NFTを始めるならまずは口座開設(無料)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました