|NFT講座|仮想通貨を買うには?NFTを始めるために必要な資金を準備しよう!

NFT
スポンサーリンク

これからNFTを始めてみよう!と思われる方は、クリエイター、コレクター問わず『仮想通貨』を手に入れておくことをお勧めします。

なぜ”仮想通貨”なのか?
  • 世界のNFTはOpenSeaというNFTマーケットプレイスが大部分を占めており仮想通貨が使われるため
  • 日本人クリエーター、コレクターもOpenSeaでの出品が盛んなため
※仮想通貨が苦手、または手続きが面倒といった声も多数あります。そんな時は日本のNFTマーケットプレイスでクレジットカード決済ができる『HEXA(ヘキサ)』がお勧めです。
HEXA

要するにたくさんのNFTが出品されているマーケットに参入するために『仮想通貨を持っていた方が便利』ということですね!

仮想通貨を手に入れるには『仮想通貨取引所』で購入または、取引を行うのが一般的となっています。

たくさんの仮想通貨取引所がある中でも国内の取引所である『コインチェック』が私個人としても非常にお勧めになっています。

初は様々な仮想通貨取引所を検討しましたが、取り扱っている仮想通貨の多さや取引の簡便さが、後の汎用性(投資目的に切り替えたり…)につながると思い『コインチェック』を選択しました。

この記事では仮想通貨取引所についての簡単な説明と、仮想通貨取引所である『コインチェック』の口座開設方法と購入の仕方について画像付きで解説していきます。

★注意書き★
  • NFTを始める目的であるためNFT売買に多く使われるETH(イーサリアム)の入手方法にフォーカスしています。
  • ここで紹介するコインチェックの口座開設は現在無料(後に変更があれば修正)です。
  • 実際に取引を始めるまでに審査等で数日費やします。
    NFT参入を考えている方は早めに登録しましょう。
スポンサーリンク

NFTを始めるためにお勧めする仮想通貨の種類

仮想通貨は一つの通貨を指すわけではなく様々な”銘柄”があります。

とりわけNFTにおいて多く使われるのはETH(イーサリアム)と呼ばれる仮想通貨です。

ここでは、この仮想通貨をGETするまでの道のり(コインチェックの口座開設と売買)を順番に解説していきます。

仮想通貨取引所について知っておく

まずこれからご紹介する『コインチェック』ですが、分類としては『仮想通貨取引所』となります。

その役割について図を用いながら簡単に説明していきますね。

仮想通貨取引所は『仮想通貨の売買』が行われる場所

仮想通貨取引所という名の通り、仮想通貨の売買ができる場所のことを指します。

売買はすべてネット上で完結するため店舗に出向く必要はありませんので、PCやスマホ、タブレットで完結します。

最初にOpenSea(NFTの売買ができる場所)でNFTを売買することを目的とした全体像を図に示しておきます。

NFTの売買を行うまでの大まかなステップとして、

  1. 仮想通貨を入手する
  2. ウォレットに仮想通貨を入れる
  3. NFTを探して売買する

以上のステップをこなす必要があります。

仮想通貨の入手は最初のハードルですが実は結構手続きが面倒であったり、時間がかかるという理由から辞めるといった人もSNS上ではチラホラ見かけます。

この記事中で『コインチェック』に関しては、手続きが完了できるようになりますのでご安心ください。

想通貨に触れている時点で日本国内でも有数の挑戦的な人だと思いますので胸を張っていきましょう!

仮想通貨取引所で口座開設すると仮想通貨を買えるようになる

仮想通貨取引所の口座開設をすると『仮想通貨を買える』ようになります。

もちろん手放したくなったら売ることもできます。

さて、ここで一度『コインチェック』のHPにアクセスしてみましょう。

\NFTを始めるならまずは口座開設(無料)/

どうでしょう?仮想通貨ではなく暗号資産と書いてあるんですね~!

実は私、この時点で”仮想通貨”と”暗号資産”の言葉の違いを警戒して口座開設を躊躇したことがあります。w

(知らない世界だと言葉の違いを警戒するクセがあります…)

言葉の意味から察するに暗号資産の中に仮想通貨というジャンルがある、ということではないかと思いますが、実際は仮想通貨も暗号資産もほとんど同義に使われていますので警戒する必要が全くございませんでした。

ゃんとETH(イーサリアム)が買えますので安心してください。

コインチェックをオススメする理由

個人的にもおすすめな『コインチェック』ですが、どのような点がおすすめポイントなのかを簡単に紹介しておきます。

まずはNFTの売買を念頭においたメリットです。

  • 口座開設方法が比較的簡単で分かりやすくなっている
  • 日本円で仮想通貨が買える
  • 日本円の入金は銀行振り込みでOK

順番に説明しますね~!

口座開設が比較的簡単に行える

コインチェック』の口座開設は”スマホで3ステップ”です!

日本国内の取引所ということもありシンプルな口座開設方法が魅力的です。

一応、謳い文句は最短1日ということですが、私が口座開設したときは②の本人確認で3日ほどかかりました。

お金のやり取りが発生する訳ですから審査にも時間を要することもありますので、余裕を持った口座開設をお勧めします(^_-)-☆

日本円で仮想通貨が買える

もう一つの魅力が日本円で仮想通貨を購入できるところです。

仮想通貨取引所によっては、ETH(イーサリアム)を購入するのにまず仮想通貨の代表格であるBTC(ビットコイン)に換金してからETH(イーサリアム)を購入しなければならないところもあります。

通貨が変わるときには同時に”手数料”が発生します。

これは馬鹿にならなくて手数料で資産が目減り…なんてことが日常茶飯事に起きてしまう世界と痛感していますので、日本円で直接ETH(イーサリアム)を購入できる点はメリットの一つだと思います。

日本円の入金は銀行振込みでOK

ETH(イーサリアム)を購入するためにまずは日本円をコインチェックの口座に振り込む必要があります。

その入金方法は指定口座への銀行振り込みで完了します。

良い点としては、現在ではインターネットバンキングが普及しているため入金の操作もスマホがあれば完了できる点ですね。

また、クレジットカード決済と違って入金限度額制限もないため自由に入金もできます。

初は怖かったので少額入金でしたが、銀行手数料も考慮すると必要な金額を少ない回数で入金した方がお得です。

さて、次に仮想通貨を取り扱う上でのメリットも紹介しておきます。

こちらはNFTに限定することなく仮想通貨取引所のサービス、安心面でのメリットとなります~!

  • 通貨の保護が堅牢
  • 主要な銘柄を多く取り扱っている
  • スマホアプリでチャートチェックが簡単

通貨の保護が堅牢

最初に安全面についてメリットを紹介します。

仮想通貨に対する見方は実に様々ですが、正直なところ大半が『怪しい』『詐欺の温床』『ハッキングに弱い』など冷ややかな目が多いです。

実際に『コインチェック』でも2018年1月に『NEM(ネム)』という仮想通貨がハッキングにより流出し約580億円の補償をしたことがあります。

2022年現在では仮想通貨取引所のアプリダウンロードNo.1に輝くなどして、劇的な信頼回復を得ているのも当時の経験と的確なハッキング対策強化を行ったためであり、とても信頼できる取引所になりました。

通貨の大半をコールドウォレットで保管
当時、いわゆるホットウォレットと呼ばれるオンライン上の保管場所に仮想通貨が保管されておりハッキング被害を被りましたが、オンラインから切り離されたコールドウォレットを採用することによりハッキング被害を防いでいるのが対策強化の一つです

 

個人としても、TREZOERのようなコールドウォレット(USBのようなもの)に保管してネット環境から遮断して安全を守る方法もあります。 仮想通貨のオンライン上での保管にリスクを感じる方は検討してみてもいい思います。

主要な銘柄を多く取り扱っている

仮想通貨取引所を使う上で気になるのは『どの仮想通貨を取り扱っているか』です。

目的の仮想通貨を取り扱っていなければ口座開設する意味がありませんよね。

その点『コインチェック』は確認した時点(2022/9/3 12:35現在)で17種類もの仮想通貨を取り扱っていますので、多くの人が必要としている通貨に巡り合える確率が高いです。

これは現時点で必要なくても将来的に必要になる場合も取り扱い通貨が多いと一つの仮想通貨取引所の登録で済みますのでお勧めです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ネム(XEM)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • モナコイン(MONA)
  • ファクトム(FCT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • インターネットオブサービストークン(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

想通貨が広く普及したときに一つの仮想通貨取引所で済めば手続きも楽ですね♪

スマホアプリでチャートのチェックが簡単

仮想通貨は投資、投機的な側面が強く世界の投資家がこぞって参入しています。

株式投資よりも通貨の価値が大きく変動するためチャンスやリスクもつきものなのですが、そうした価値の変動は世界情勢やチャートで分析することが多いです。

コインチェック』では特にスマホアプリでチャートのチェックが容易に行えます。

見たい通貨をタップするだけでチャートが見えますのでとても便利です。

コインチェックの口座開設方法

それでは『コインチェック』の口座開設方法について画像を用いて順番に解説していきます。

口座開設は無料で維持費も発生しません。

直ぐに口座開設してNFTの売買を始めたいとしても本人確認に数日かかることがあるため、時間に余裕を持った手続きを行いましょう。

口座開設は以下の3ステップで行うことができます。

  • STEP1
    アカウント登録
  • STEP2
    本人確認書類の提出
  • STEP3
    取引の開始

\NFTを始めるならまずは口座開設(無料)/

Step1 アカウント登録しよう

  1. コインチェック』にアクセスして会員登録をクリックしましょう。
  2. 登録する『メールアドレス』、『パスワード』を入力しましょう。
  3. 私はロボットではありませんにチェックを入れましょう。
  4. 会員登録ボタンをクリックしましょう。
  1. 入力したメールアドレス宛てに確認のメッセージが届きます。
  1. 送られてきたメールにあるURLをクリックしてメールアドレスの確認を行います。
  1. 正常にログインできたら会員登録は完了です。

Step2 本人確認書類の提出を行う

の会員登録が済んだら次に以下の3つを設定していきます。

  • 各種重要事項の承諾
  • 本人確認書類の提出
  • 2段階認証の設定

尚、本人確認書類の提出をしないと使える機能は『サービスの閲覧のみ』となります。

本人確認はアプリで行うことになりますので予めインストールしておいてもOKです。

では順番に解説していますのでそれぞれ設定してみましょう。

▼各種重要事項の承諾手順

  1. ホーム画面に『サービス利用における、各種重要事項の承諾について』と表示が出ていますので各種重要事項を確認するをクリックしましょう。
  1. 全12項目の同意書や確認書などを読み左側にあるチェックボックスをチェックしましょう。
  2. 全て確認ができたら各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用するをクリックしましょう。
  1. 各種重要事項に承諾済み』となれば完了です。
    次に本人確認書類の提出を行いましょう。

▼本人確認書類の提出手順

次に本人確認の手順について解説します。

  1. ホーム画面に『本人確認書類のご提出をお願いします』と表示されていますので本人確認書類を提出するをクリックしましょう。

  1. 電話番号認証の画面が表示されますので登録したい電話番号を入力してSMSを送信するボタンをクリックしましょう。
  1. SMSに送られた認証コードを入力して認証するをクリックしましょう。
  1. 電話番号認証が完了したら次は本人確認書類を提出するをクリックしましょう。
  1. 本人確認書類の提出はアプリで行いますのでアプリのQRコードを表示をクリックしましょう。
  1. 表示されたQRコードをスマホで読み取り、アプリをダウンロードしましょう。
  1. QRコードを読み取ると以下のような画面が表示されますので、チェックボックスにチェックをいれたままOPENをタップしましょう。
  1. コインチェックのアプリダウンロード画面に移りますのでダウンロードしましょう。
    ※画像はApp Storeの画面です。
  1. コインチェックのアプリを開いて画面下にあるログインをタップしましょう。その後、メールアドレスとパスワードを入力してメールアドレスでログインをタップしましょう。
  1. 認証コードがSMSで送られてきますのでコードを入力して認証をタップしましょう。
  1. 本人確認の3ステップが表示されますのでSTEP2の基本情報入力をタップしましょう。
  1. 基本情報入力フォームに従って必要事項を入力し確認をタップしましょう。
  1. 本人確認の方法を選択しましょう。
  1. 本人確認書類はセルフで撮影する必要があります。
    ※背景が単色の方が上手く撮影できます。
    • STEP1:種類の表面・裏面の撮影
    • STEP2:顔と書類表面の撮影
    • STEP3:顔と種類の厚みの撮影

本人確認書類の書類の撮影が上手くいかない時はこちらが参考になります。

  1. 本人確認書類の撮影が完了したら数日で承認されますので待ちましょう。

本人確認が完了したら仮想通貨の取引ができるようになります。

PCもしくはスマホアプリで『コインチェック』を開いて実際に購入していきましょう!

ETH(イーサリアム)を購入する

口座開設が完了したら実際に仮想通貨を購入してみましょう。

ここではNFTの取引通貨として多く取り扱われているETH(イーサリアム)を購入する手順をご紹介します。

こからの手続きはあなた自身の大切な資金を使います。仮想通貨を購入するかどうかは慎重に検討しましょう!

取引の全体の流れは以下のようになります。

  • STEP1
    コインチェックの口座に日本円を入金する
  • STEP2
    ETH(イーサリアム)を購入する

ここではスマホアプリからETH(イーサリアム)を購入する手順をご紹介します。

まずは日本円をコインチェックに入金する手順から解説します。

STEP1:コインチェックの口座に日本円を入金する

  1. アプリを開きウォレットをタップしましょう。
  2. 日本円残高が表示されますので入金をタップしましょう。
  1. 銀行入金に振込先の口座が表示されますのでいずれかの口座に振り込みを行うことでコインチェックの口座に日本円が反映されます。
    ※振込手数料はあなたの負担になります。
    反映は比較的短時間ですが時間を要する場合もあります。

次に日本円でイーサリアム(ETH)を購入していきます。

STEP2:ETH(イーサリアム)を購入する

  1. 販売所をタップします。
  2. 仮想通貨の一覧が表示されますのでイーサリアム(ETH)を選択しましょう。
    間違いなくイーサリアム(ETH)を選択しましょう。似た通貨にイーサリアムクラシック(ETC)というものがありますが、こちらではありません。
  1. 購入をタップしましょう。
  1. 金額の欄に買いたい分の日本円を入力して日本円でイーサリアムを購入をタップしましょう。
  1. 〇〇ETHを購入しますか?と出てきますので購入をタップするとイーサリアム(ETH)の購入が完了します。

これでイーサリアム(ETH)をゲットできました!お疲れさまでした!

まとめ

ここまでの手順を踏んでいればコインチェックの口座にETH(イーサリアム)の残高が表示されていると思います。

コインチェックは口座開設方法も比較的簡単ですし、何より堅牢な安全性から最も信頼できる仮想通貨取引所だと考えます。

今では仮想う通貨取引所のアプリダウンロード数No.1を獲得するなど人気の取引所ですので口座開設だけでもやっておいて損はないと思います。

さて、この次はNFTを購入するために仮想通貨ウォレットを導入するステップになります。

!!!コインチェックで口座開設してウォレットを作ったのでは・・・?!?!

と思われているかもしれませんが、仮想通貨取引所の口座と、次回説明する仮想通貨ウォレットは別物になります。

ややこしいですが、一度登録してしまえば以降はスムーズにNFTの売買ができるようになりますのでもうひと踏ん張り!頑張りましょう!

ここまでいったんお疲れさまでした!!

\NFTを始めるならまずは口座開設(無料)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました